はじめての格安スマホならツタヤのTONEがおすすめ!

はじめての格安スマホならツタヤのTONEがおすすめ!

あなたの格安スマホ選び、間違ってない?

 

スマ―フォンの選択肢が少なかったのも、今は昔の話です。

 

いまや「格安スマホ」という言葉もすっかり、定着して各MVNOごとにプランや選べる端末も非常に増えています。ユーザーとしては選べる選択肢が増えるのはいいことなのですが、

 

 

「格安スマホは数が多くてどれを選べばいいかよく解らない・・・」

 

 

「スマホはそんなに使わないから、とにかくシンプルなのがいい」

 

 

「初めてスマホを使うけど、使いこなせるか不安・・・」

 

 

もしこんな悩みを持っているなら「TONEモバイル」がおすすめです。

 

15年間ドコモユーザー私自身が、実際にTONEモバイルに乗り換えました。結論から言うと毎月7000円近く支払っていた料金が、今では端末の料金を含めて3000円以下に収まっています。

 

正直、「今までドコモに支払っていた料金は何だったんだろう!?」というのが今の気持ちです。TONEモバイルが、どんな格安スマホなのか?当サイトで、その魅力が少しでも伝われば幸いです。

 

実際に使ってみた感想も載せていますので気になる人は読んでみて下さい。

 

TUTAYAのスマホTONEについて

 

 

TONEモバイルは全国1400ヶ所のTUTAYA店舗で購入することが可能な格安スマホです。

 

「料金」や「通信速度」、「プラン」などで、他の格安SIMとの差別化を行うMVNOが多い中で、TONEモバイルが重点を置いているのが、

 

 

「手厚いサポート体制」です。

 

 

遠隔操作や電話での応対、さらに対応しているTUTAYA店舗での対面サポートなど、格安スマホを使う全ての人を万全な体制でバックアップしてくれます。

 

TONEモバイルがおすすめなのは、スマホ初心者などメールチェックやインターネット検索などのいわゆる「ライトユーザー」です。

 

普段から動画を見たりゲームなどをガンガンやっているヘビーユーザーの人には向きません

月額1000円からスマホが持てる

 

 

TONEモバイルは、料金も月額1000円、プランも1種類と非常にシンプルです。これならスマホがはじめてでも迷うことはありません。TONEモバイルの基本プランは、大手キャリアのようにゴチャゴチャと余計なものは付いていません。

 

TONEモバイルのプランは、シンプルな分、自分が本当に必要なオプションを追加して、自分にピッタリのプランを作ることができるのです。

TONE同士なら通話料が無料

 

格安スマホに必要な最低限のものしかついていません。データ通信のみで通話には050から始まるIP電話を使用します。もちろん、090から始まる電話番号も月額953円の「090音声オプション」を申し込むことで使うことが可能です。

 

また、TONEモバイルは月額953円で利用できることに加えて、元々がデータ通信専用なので通話をガラケー、インターネットをTONEモバイルというような、いわゆる「ガラケーとタブレットの2台持ち」にも大変おすすめだと言えます。

 

ガラケーとタブレットの2台持ちは、ガラケーとタブレットの「良い所取り」が出来るおすすめの組み合わせです。ガラゲーとタブレットの2台持ちについてはこちらの記事で詳しく書かれています。

 

実は一押し!ガラケーとタブレットの2台持ちについて

 

TONEモバイルのIP電話を使う場合、TONEモバイル同士での通話は時間に関係なく無料です。料金を気にしないでかけることができるので、1日に何回もかける家族間の通話には最適だといえるでしょう。

 

毎日、TONEモバイルを使って会話する、その積み重ねが家族のきずなを強くする、そんなことが実感できる格安スマホです。

 

【TONEモバイル 基本プラン】

プラン名

データSIM基本料金

IP電話無料(050番号)

スマホ代金

(24回分割)

月額料金

(合計)

1000円/月

月額料金

端末料金:2万9800円

分割:

1000円×24ヶ月=24000円

2000円/月

オプション

3G音声オプション:953/月

高速チケットオプション:300/月

フラットパックオプション:500/月

安心オプション:500/月

TONEファミリーオプション:無料

TONEモバイル専用端末TONE(m15)について

 

 

TONEモバイルは格安SIMのみの販売はしていません。専用の格安スマホTONE(m15)とのセット販売のみになっています。以前、TONEモバイルで使われていたTONE(m14)という端末は端末のスペックが低く、ユーザーからの不満もありましたが、こちらのTONE(m15)は低価格ながらハイスペックの端末になっているので、ライトユザーならストレスを感じることなく使うことが可能です。

 

【TONE(m15) 基本スペック】

名称

TONE(m15)

本体価格

2万9800円(最大24回払い)

OS

Android5.1

SIMサイズ

nanoSIM

カメラ

変更不可

バッテリー

3000mAh

本体サイズ

147.9×74.5×8.6mm

重さ

165g

TONE(m15)を実際に使ってみて

 

私自身が15年間ドコモユーザーだったのですが、実際に通話をそんなにしないのに、毎月7000円以上支払うことに抵抗があったので、思い切って、TONEモバイルに乗り換えました。

 

理由は、私の使用用途がデータ通信メインであったのと、端末に対してのこだわりがあまりなかったこと、月額1000円から使えるという値段の安さに魅力を感じたからです。

 

では、実際にTONE(m15)を使ってみた素直な感想を書いていきます。

見た目、外観

 

箱自体も結構しっかりしています

 

TONE(m15)の本体は白というより「パールホワイト」といった方がしっくりくる高級感ある感じです

 

TONE(m15)はオンラインショップで購入しました。ネットで写真を見た事はありましたが、実物を見た事はありませんでした。

 

届いて先ず思ったのは「思っていたよりもずっと高級感がある」ということでした。

 

ネットで写真を見たりしていましたが、値段も安いので結構安っぽい感じを想像していたのですが、いい意味で裏切られましたwww

操作性、通信速度

 

TONE(m15)の大きさはドコモのエクスぺリアより一回り大きい感じです

 

TONE(m15)は、サイズ的に147.9×74.5×8.6mmとドコモ時代に使っていたエクスぺリアと比べて一回り大きい感じです。でも片手操作も簡単に出来るくらいのサイズですね。手の小さい女性やガラケーのコンパクトさに慣れたシニア世代には少し大きく感じるかもしれません。

 

実際にネット検索を30程度してみたのですが、エクスぺリアのコンパクトな画面でネットサーフィンしていた自分にとってはTONE(m15)の顔面のサイズは大変見やすくて大満足でした。

 

それと一番気になっていた通信速度ですが、これもそんなにストレスを感じるレベルでは無かったです。思ったよりもよりもサクサク動きました。ネットの評判を見ると「通信速度が遅い」とか結構載っていたので、こちらもいい意味で裏切られました。

 

操作性は、タップした時に指先に感じる「ズズッ」というような振動がキャリアよりもハッキリしていて「ズズズッ」と自分で押し込んでいるようなハッキリとした感触が伝わってきます。

 

これなら、ガラケーから乗り換えたシニア世代が使ったとしても、タップミスなどを起こしにくいと思いました。実際、ネットサーフィン↓30分間にやや引っ掛かるような感じの場面もありましたが、全体としてストレスを感じることなく過ごせました。

 

結論として、TONEモバイルは、動画を何時間も見るような人には向かないと思いますが、普段ネット検索位しかしない人なら十分だと思います。これで料金が随分と安くなるのなら乗り換えて正解だったと思います。

TONE(m15)の箱は捨てないで!

 

TONE(m15)が入っていた箱の中敷きをめくると「置くだけサポート」に変身

 

TONE(m15)を載せてOKすれば不具合の検索開始

 

サポート終了!すごく簡単で便利です

 

TONE(m15)が最初に入っている箱も捨ててはいけません。TONEモバイルでは、この箱自体もちゃんとした役割があります。実はこの箱自体が「置くだけサポート」というサポート機能を持っています。

 

使い方は、そのまま箱の上に、TONE(m15)を置くだけです。もちろん、これで全てのトラブルが解決する訳ではありませんが、「インターネットの接続が出来ない」というような比較的簡単なトラブルなら解決できます。実際に使ってみるとすごく便利な機能です。TONE(m15)購入時には是非使ってみて下さい!

TONEモバイルは「子ども会推奨マーク制度」推奨商品です

 

子ども会推奨マーク制度

 

TONEモバイルはMVNOの中で唯一「全国子ども会連合会」の推奨商品に認定されています。

 

「全国子ども会連合会」は、政府公認の公益社団法人で、子供の健全育成を方針に活動しています。

 

TONEモバイルはその「全国子ども会連合会」から「子ども会推奨マーク制度」というお墨付きをもらっています。子供やはじめて格安スマホを持つにはピッタリです。

最大の特長は手厚いサポート体制

 

 

TONEモバイルの特長としては

 

  • 初めてスマホを使う初心者
  • 子供にスマホを持たせたい
  • 家族皆でスマホを使う

 

という人にピッタリの格安スマホです。

 

TONEモバイルは、ただ安いだけの格安スマホではありません。TONEの一番のセールスポイントは「手厚いサポート体制」です。

 

このサポートには4種類あります。

 

  • 置くだけサポート
  • オプションサービス「TONEファミリー」でのサポート
  • TUTAYA店舗での対面サポート
  • コールセンターでのサポート

 

この中で特に家族で使う場合、特に重宝する機能が「TONEファミリー」というサービスです。

「TONEファミリー」ってなに?

 

TONEファミリー」は、家族の位置情報の確認やスマホの利用時間の制限など家族の安全安心を見守ることができるオプションサービスです。

 

しかもTONE契約者なら無料で利用することができます。もし、親がドコモの携帯で子供がTONEというような場合でも、月額200円で「TONEファミリー」の機能を使うことができます。

 

離れて暮らす両親の健康安全や子供が犯罪に遭うのを防ぐ手段としてもTONEファミリーは有効です。そんなTONEファミリーの機能の数々を紹介していきます。

TONEファミリーの子供向け機能

 

 

子供にスマホを持たせると連絡を取るのに便利な反面、色々な不安も出てきます。

 

「アプリを使い過ぎないだろうか?」

 

「不適切なサイトにアクセスしないだろうか・・・」

 

というような悩みで、なかなか子供にスマホを買い与えられないお父さん、お母さんも多いと思います。

 

でもそんな悩みを持つ人にこそ使って欲しいのが「TONEファミリー」です。

 

「TONEファミリー」の子供向けの機能としては

 

  • アプリのインストール防止
  • ジオフェンス/居場所確認
  • 利用時間帯の制限
  • 歩きスマホの警告

 

などがあります。それでは1つづつ説明していきます。

 

アプリのインストール防止

子供に格安スマホを持たせる場合に、一定のルールを設けたいと思っている親が大多数を占めます。この機能を使えば、親が設定したパスワードを入力しないとアプリのインストールが出来ないようにできますので、例えば、親の知らない間に有料アプリを勝手にダウンロードしたりすることを防ぐことができます。

 

子供の安全を守りつつも「成長の妨げになるような使い方はしてほしくない」、「勝手に課金やアプリのダウンロードをされても困る」といった親の心配を解消してくれる機能です。

 

ジオフェンス/居場所確認

子供は成長と共に、その行動範囲も広がります。子供が学校や塾にちゃんと着いたか?そんな時はこの「ジオフェンス」機能が活躍します。これは予め登録した学校や塾などの場所に子供が到着すると自動で親に通知が送られ、子供が目的地に着いたかリアルタイムで確認することができます。

 

更に「居場所確認」機能を使えば子供の現在位置を確認することができます。位置情報は自動で更新するので手間もかかりません。「ジオフェンス」と「居場所確認」の2つの機能で大切な家族の安全を見守ります。

 

利用時間帯の制限

子供にスマホを与えた場合、「LINEやゲームを夜遅くまでやって不規則な生活にならないだろうか」。そんな心配をする親も多いと思います。たとえ1日1時間と約束したとしても、本当に守れるだろうか?親として心配の種は尽きませんこういった心配を払拭してくれるのが、「利用時間の制限」機能です。

 

この機能を使えば、使用するアプリが選べるだけでなく、利用するアプリごとに時間を決めることができます。例えば、ゲームは1日1時間、SNSは夕方までの2時間など、子どもとスマホの距離をちょうどいい距離にするのに便利な機能です。

 

歩きスマホの警告

今や社会問題にもなりつつある「歩きスマホ」。学校や塾絵の通学中に大きな事故を起こしたら大変です。「歩きスマホの警告」は子供が歩きながらスマホをしていると認識すると設定したメールアドレスにむけて通知が送られます。このアドレスを親の使っているメールアドレスに設定しておけば、子供が歩きスマホをしていることに気が付きます。

 

スマホを操作している子供の画面にも警告の表示が出るので、大きな事故になるのを未然に防ぐ効果もあります。正しく、この機能を使えば親の代わりにしっかりと子供を見守ってくれます。

はじめてのスマホを両親にプレゼントしたい

 

 

ずっとガラケーを使っていた両親に格安スマホをプレゼントしたい。でも「年取った両親が上手く使えるか不安」というのあると思いますが、TONEモバイルならそんな心配もいりません。

 

もともとTONEモバイルは代表取締役である石田宏樹氏が、「70歳を超えた自分の母親が使いこなせるのを基準」としたスマホ初心者にも非常に分かりやすいシンプルな設計になっています。

TONEファミリーのシニア向け機能

 

TONEファミリーの機能としては、

 

  • ライフログ
  • ホームアプリの指定
  • バッテリー残量通知

 

などの機能があります。それでは1つづつ説明していきます。

 

ライフログ

離れて暮らす好例の両親の健康状態は気になるところです。家族としては毎日でも確認したいところですが、実際には毎週でも難しいのが現実です。そんな時に役に立つのがTONEファミリーの「ライフログ」という機能です。この機能を使えば、歩数や消費カロリー、心拍数などの数値を記録しておけば健康管理に役立つ優れモノなのですが、実は離れた家族が両親のライフログの数値を確認することも出来るのです。

 

測定したデータは日、週、月ごとにグラフで表示することが可能なので、両親の健康状態を一目瞭然で把握することができます。また、利用者が時間内に設定した歩数に達しない場合などはメールで通知を受け取ることができます。この機能を使えば、例えば両親が不慮の事故などで動けなくなっている場合にその異変を知ることができます。正しく両親の命を救うかもしれない機能だといえるでしょう。

 

ホームアプリの指定

TONEモバイルでは、はじめてのスマホの操作に戸惑うことが無いように、シニア向けによく使う機能をまとめた格安スマホのホーム画面「シンプル」が用意されています。また、単に画面をシンプルにまとめただけでなく、誤操作を起こしやすいタッチパネル操作対策として、ボタンを押しこむ感覚を再現した独自のタッチ操作が装備されています。

 

バッテリー残量通知

いざ、離れた両親に連絡しようと思っても、肝心の両親のスマホが電池切れになっていてはどうしようもありません。こんな事態を未然に防ぐためにバッテーリーの残量が設定した残量よりも少なくなった場合、登録したメールアドレスに通知する「バッテリー残量通知」があります。メールで通知が届けばバッテリーが切れてしまう前に両親に連絡することができるので離れて暮らしていても安心の機能です。

その他にもTONEモバイルには便利な機能がいっぱい!

 

ここまで紹介してTONEファミリーの便利さは伝わったと思いますが、他にも自分がノックした回数だけ相手のTONEが振動する「エアノック」機能や0写真や動画を一括管理できるアプリ「ONE」など便利な機能が満載です!

 

【TONEモバイル まとめ】

  • 月額1000からスマホが使える
  • 家族や子供のスマホにピッタリ

 

「はじめてのスマホだけど大丈夫?」

 

「子供にスマホを持たせたい」

 

「離れて暮らす両親が心配」

 

こんな人はぜひ一度、TUTAYAのスマホTONEを検討してみて下さい!